スピッツ – ヒバリのこころ(インディーズ盤)

『ヒバリのこころ』は日本のロックバンド・スピッツのインディーズ・ミニアルバム。1990年3月21日にミストラルより発売。
Wikipediaより

  1. ヒバリのこころ (4:51)
  2. トゲトゲの木 (4:21)
  3. 353号線のうた (4:38)
  4. 恋のうた (2:47)
  5. おっぱい (3:53)
  6. 死にもの狂いのカゲロウを見ていた (4:50)

ざっくり解説

スピッツのアルバムとしては最古のものです。インディーズなのでメジャーデビュー前という扱いになります。
わずか2000枚のみの生産(それすらまともに売れずに廃盤)、スピッツが売れ始めた96年あたりで既に価格が高騰していたようです。
以降再販もないままプレミア度が上がり続けて現在に至ります。

曲としては

1.「ヒバリのこころ」
3.「353号線のうた」
4. 「恋のうた」
6. 「死にもの狂いのカゲロウを見ていた」

はこのアルバムでしか聴けない、またはアレンジ違いです。「おっぱい」は花鳥風月verよりイントロが少し長いだけです。
逆に再録版とまったく同じ「トゲトゲの木」が浮いてる感じもあります。

今回は上記の4曲に絞って解説をしていきます。

1.ヒバリのこころ

メジャーデビュー曲のインディーズ期verです。
まずイントロのシンセ始まりが特徴的です。ドラムはややスネア多いですね。
そしてAメロ部分もドラムが入り続けます。ちょっとライブ版っぽい仕上がり。洗練されていないというかドタバタというか。好きですけどね。
そしてギターやピアノもやはり4分音符が多くてどっしりしています。
“CD音源では最も若かりし”マサムネボーカルはやはりインディーズ期、デビュー初期に比べ声が太くぶっきらぼうです。
あとアウトロはデビュー後に比べて圧倒的にギターソロがしょぼくてこれまた微笑ましい。
テクで売ってないバンドとはいえちょっといくらなんでもひどい。かわいい。
ちなみにこの頃は金がなかったのもあり?レコーディングに3万のテレキャスを使っていたそうです。
テツヤがモヤシオンリーで栄養失調になりながら買ったテレキャスなんですかね。

3.353号線のうた

最近もベルゲンの会報で触れられていたり、3050ツアーで合唱に使われたりと扱いがいい曲です。
実際に353号線を通って小旅行に行った時の曲だそうです。(手元にないのであやふやですが)
実体験したエピソードからパーツを拾い集めて歌詞に仕上げた感じがしていいですね。
突然「全部忘れてたずっと昔の」とか言い出しますけどね。

4.恋のうた

メジャー以後のバージョンと比べると音がヘビーです。ていうかパンクの文脈の曲です。
ヒバリのこころと同じく、なんとなくドラムがせわしないです。歌謡曲意識でしょうか。

5.死にもの狂いのカゲロウを見ていた

漢字表記に気を使わないと間違えるランキング1位の曲です。
「晴れの日はプカプカプー」と並ぶインディーズの名曲なのですがアウトロで突然謎になります。
個人的には謎アウトロも好きなのですが、別にスピッツで聴かなくていいじゃんと言われたら言い返せません笑
ただライブ音源だとシンセの代わりにフィードバックの音を使っていて迫力がありました。金もらったからシンセ入れたかったのかな?

アルバム入手について

中古相場が5万とか6万になっているので覚悟があるならヤフオクで落としましょう。
ただし「CD最高音質」を目指さない限りはYoutubeによく落ちてるのでそっちでいいと思います。
廃盤の中古品が売れたところでスピッツに一銭も入らないので…
実際、他の曲はわりとYoutubeでも消されがちなのにコレはフルアルバムでも普通に落ちてるあたり「お察しください」なのかもしれません。
再発するには権利関係が難しいのかもしれませんしね。花鳥風月の時に「この曲だけ買います」って契約したのがそのままとか…?
もちろん再発が決定した場合はリマスターもされるでしょうし、ちゃんと買いましょう。
なおリマスターされた場合は、花鳥風月がリマスターされていない都合上「トゲトゲの木」と「おっぱい」はこちらが最高音質になるはずです。

個人的ランキング

  1. 353号線のうた
  2. 死にもの狂いのカゲロウを見ていた
  3. ヒバリのこころ
  4. 恋のうた
  5. トゲトゲの木
  6. おっぱい

上位2曲が「とてもすばしくよく」、他の曲は「かなりよい」感じです。おっぱいも大好きです。

おわりに

とりあえず今後も順を追ってアルバムレビューを書いていこうと思います。
今回の曲はヒバリのこころしか入ってませんがライブ音源をぺたりとやって終ります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)