スピッツ「幻のドラゴン」

とにかく記事数を増やそうと画策しつつの今回はブリジストンタイヤ。

CM

CM映像はこちら(クリックするとCM集の当該部分から始まります)

サウンド

スーベニア~とげまるに共通する、良く言えば音圧を感じてヒリヒリする、悪く言えば繊細さを限界まで犠牲にしたサウンド。
アルバムを通してエグめの音質なのは聴き疲れの原因になるが、この曲だけを見ればロックンロール!って感じのシンプルな演奏なのでOK。

歌詞

とげまる期のシンプル志向がうまくいった歌詞だ。
「ありがとうとか言われたくて」が最高。「君のありがとうが聞きたい」とかじゃないのが最高。
要素が少ないし、心のなかでふと思う言葉の順番を考えてみると最初に「君」とかこないのだ。「ありがとう」を妄想してそれをただ言葉にすると「ありがとうとか言われたい」。

サビ「君に夢中で泣きたい」に「君」が登場する以外は、一人称(=ドラゴン?)が孤独のなかでやる行為だけ。
「曲がりくねった道をゆく」と同じように、たどり着きたい気持ちと一本の道だけだ。チェリーの場合はすぐに情景とも心象風景ともつかない描写が入るが、この曲は(空飛んでるけど)現実に起こる風に書いている。しかし到達点は非現実としか言いようのない幻のドラゴンだから面白い。

どこまでがヒトでどこからドラゴンになったのか?ドラゴンとヒトは別の存在なのか?ヒトは誰しもがドラゴンだ(?)
歌ってる側すらかちっと決めていない、けれどドラゴンが確かに燃えている。草野節だなあ。

余談

イントロやギターソロの終わりで見ることができる「ペケペケペケ…」っていうギター。
これが「小さいけれど強気なドラゴン」じゃないかって話をされて納得したことがある。
ちょっと情けないかもしれないこの音が入っているだけでも見える風景が変わってくるわけです。