Yo La Tengo – I Can Hear The Heart Beating As One

よらてんご – あいきゃんひあざはーとびーてぃんあずわん。
長いが「I Can Hear」だけでも通じると思う。

一応スピッツのサイトなのでスピッツともある程度つながりがある音楽を紹介してみようと思う。というかスピッツファン向けに紹介していく。

このYo La Tengoというバンドはシューゲイザー要素がありつつも割りと理解しやすい(ポップな)バンドというところだ。
ポップさがなくなると俺は聴けないので…この人たちすごくいいと思う。
シューゲイザーというのはスピッツでいうところの「プール」、「惑星のかけら」、最近だと「新月」などで、ギターを中心に幻想的な効果を狙うジャンル。
スピッツが大昔に目指していた「ライド歌謡」、ネットで過去のインタビュー探ったりした人は聞いたことがあると思うが、このライドというのもシューゲイザーの超有名どころのRideというバンド。
本当にシューゲイザー要素が強くなりすぎると歌詞もないノイズ音楽みたいになったりするのだが、スピッツはあくまでシンプルなロックや歌謡曲の上にシューゲイザーを乗せることを選んだ。
結果としてあの「プール」が完成に至った。
話はこの辺にして(のちのちちゃんと独立した記事を書きたい)、今回のアルバムを紹介する。

I Can Hear The Heart Beating As One

Yo La Tengoは他のバンドの焼きましに近かったがこの直前の2作で急激に完成度を増し、注目されかけたときにこの「I Can Hear」を出せたことでバカ売れした。なんかスピッツが「ハチミツ」に至るまでに似てる。このアルバムは「ハチミツ」だ。

Sugarcube

アルバムがハチミツならこの曲はロビンソン。曲調は似てないが立ち位置がね(笑)タイトルはそのまんま角砂糖。歌詞も直球。

Stockholm Syndrome

こっちはさしずめ愛のことばだろうか。裏タイトル曲みたいな感じ。

Deeper Into Movies

ギターを聴く曲。だいぶシューゲイザー成分あるんじゃないですかね。ただしあくまでポップに。

Yo La TengoなんかCD高騰してるけど中古かレンタルか(あるのか?)AppleMusicかGooglePlayMusicで入手して聴いてほしい。