スピッツ「エスカルゴ」

つたない言葉でお送りします1曲レビュー記事。
今回は「エスカルゴ」。サイゼでも食えるというあれ。
スピッツでいうエスカルゴは、アルバム「三日月ロック」の中盤と終盤をつなぐ良曲だ。
ライブでも頻繁に取り上げられる。ドラム始まり、否応なしに盛り上がるサビなど確かにどんなセトリでもハマりそう。
この「使いやすい曲」という立ち位置は最近は「恋する凡人」と被るが、ここんとこのライブだと決まって両方入ってくるからちょっと食傷気味?
ちなみに「小さな生き物」アルバムツアー以降はキーが半音上げでF#になっている。
要はFのままだとなんか(楽器の鳴りとかが)気持ち悪いので変えた、ということらしい。要はって全然よくわからない。でも会報にそう書いてあるから仕方ない。

俺が中学のときにヘビロテしまくった曲でもある。
スピッツはロックだと最初に実感したのはこの曲で、こんなふにゃふにゃの歌詞なのに驚くほど合うということも学んだ。

スピッツ エスカルゴ 歌詞
その歌詞だが草野節である。妄想で酔っ払っているのか寝ぼけているのか、でも本人的には目覚めているらしい。
さらにすべて解るはずと言ってのける。言ってることわからない根拠もほぼないのに力強さがある。でも「道からそれてく」。
それてくのかよ!とひとたび思えば「君に届きたい」も相当頼りない響きに思える。頼りなさとかっこよさが同居してるのが好きだ。