スピッツ「色色衣」

色色衣(いろいろごろも)レビュー

12UMGIM36031.1200x1200-75

なんでB面集からレビューするかというと俺が最初に買ったスピッツだから。
このアルバムは個人的な思い出抜きにも初聴きにおすすめの部類だ。

  • 当時の暗め&ハードなアルバムからもれた曲を寄せ集めたアルバムなので、音が適度に暴れていてなおかつ曲自体は明るい
  • JPOP的スピッツの香りを気持ち程度に残しつつロックバンドスピッツを楽しめる
  • あいのりの主題歌にもなった有名曲「スターゲイザー」
  • タイアップがあったわけでもないのに珍歌詞が一部で有名、マサムネ節が冴え渡る「メモリーズ」
  • ボーナストラックとして、デビューと前後して録音されたパンク路線「僕はジェット」
  • 再発されていないのでリマスター版かどうかを気にせず買える

曲レビュー

  1. スターゲイザー
    シングル「スターゲイザー」より。カップリングの名曲「三日月ロック その3」は次のB面集「おるたな」に収録された。
    「あいのり」に書き下ろした曲である。イントロからして強烈にTV向け(すぎ)だからファンの中では好みが分かれる。
    弾き語りの裏のシンセがいい仕事をしている。それにスピッツに関してはどの曲もだけど崎ちゃんのドラムがいい。
    PVがかっこいい。売り出し中っぽい。

  2. ハイファイ・ローファイ
    盛り上げ上手な曲。コピーしたい。
    歌詞が最高だ。ノスタルジーがあって、自我があって、でもどこかへなちょこ野郎である。
    熱きソウルは蹴っ飛ばすモノで、交尾のための生じゃなく、さあ逃げろ。
    個人的にかなり思い出の曲である。歌いながら、ほとんど叫びながら家に帰った。

  3. 稲穂
    スターゲイザーに続いてアコギをフィーチャーした曲。
    サビがせつなすぎる。2,3,4は泣きの並びだ。


  4. いかにもスピッツらしい曲である。Bメロがないとスピッツっぽい。
    ここまでギターを重ねることに集中した曲は他にない。シューゲイザー的な意味では初期に幾つかあるが。
    ギターがきれいで歌メロも完璧。いつでも眠りにつけそう。そりゃ人気曲になるわー。
    ライブではやはりというか再現に苦労しているようだ。

  5. ムーンライト
    ここから一度ロックに振れる。
    田村がゴースカvol.6にて、「ゴースカvol.13では俺が曲決めるから!」と発言。この曲もやりたいらしい。
    Aメロで〆て、シュールな雰囲気のまま次の曲へ。アウトロの最後の最後でちょっとベースが前に出てくるのがエロい。

  6. メモリーズ
    「放浪カモメはどこまでも」との両A面シングルから。大好きなのでめっちゃ長い。
    Aメロはこもった音質の言い捨てるようなボーカルが印象的。
    間髪入れずに例の「見えそうなとこでハラハラ あなたのために蝶になって」である。歌詞が冴えすぎな曲の一つ。Bメロなんていらない曲の一つ。
    マサムネの歌詞がすごいのは、「蝶になって」で止めても「飛んでいけたなら」まで持って行ってもまったく違和感を抱かせない。
    実際は「飛んでいけたなら」まで書いてから繰り返しを思いついたんだろうけど、言語センスによってどこで切ってもかっこいい。
    意味ありきで詩を書いていないからひとフレーズがこれ以上なく輝いている。意味ありきじゃないのに各々で脳内補完ができる詩だからこそつながる。
    Aメロの半分から入るピアノのせいで変人が更に酔っ払ったような世界観になっている。ここで「ムーンライト」が活きてくる。再アレンジ版「メモリーズ・カスタム」より好き。
    ギターソロはソロというよりちょっと長いキメに近いし死ぬほど単純だけどこの曲でピロピロ弾いたら台無しだもんね。
    奥田民生「マシマロ」と似てるけどこちらのほうが洗練されている。体感時間が違うことからも明らかである。どちらも3分ちょうどの曲なのに。
    「マシマロ」は後半ベンチャーズが入るけどそんなことしてシュールを壊すのは勿体ないと俺は思う。
    メモリーズの話に戻るが、ミックスがものすごくよい。ギターの音も最高だし、1:51秒からのフィルとかも全部いきいきしてる。
    (あんまり言いたかないが逆にスピッツの中ではミックス失敗している「ビギナー」などと比べると音の質が段違いだ。
    こっちは爆音で単曲リピートでも疲れない。あっちは1回で疲れる。しかも「ビギナー」はアルバムの先頭にあるのでアルバム自体のヘビロテ性を下げている。)
    ちなみにイントロのギターはサビ最後とほぼ同じ。ギターのボリュームを絞って上げて再現して遊ぼう。
    それにしてもとんでもない曲だ。歌詞もサウンドも最高峰ときたもんだ。
    アメリカまで行ってレコーディングしたかいがあったってもんですよ(何様)。

  7. 青春生き残りゲーム
    リフでゴリゴリ。音は派手だがアルバム中では影が薄いかも。
    「百億世代続いた糸を切る」。

  8. SUGINAMI MELODY
    一転してバンド感が希薄なカップリングっぽい曲。徹夜して夜明けを見ながらこんがらがった頭の中みたいだ。

  9. 船乗り
    2000年代は男前な雰囲気のスピッツ。その中でもこの曲が一番男前である。船乗りだし。
    容赦なく連れて行く!とかすごい。ちょっと前まで「君の青い車で海へ行こう」だったのに。

  10. 春夏ロケット
    これもかなり頭こんがらがっている。
    「地球 ありふれた 星のクズなら」この「なら」が非常にいい。クズだから、とかクズだ、じゃできない繋ぎ。
    なんか80年台っぽい日本語。つくづくマサムネは詩人である。

  11. 孫悟空
    あまり清涼感のない(笑)だるそうなイントロから始まって、例によってBメロがない。
    「胸に火を灯そう」からの「ああ~狂いそうな時を引きずって」

  12. 大宮サンセット
    もっぱら大宮でのライブで演奏されるご当地ソング。大宮サンセットはそういう建物とか夕日のロケーションではなく造語。
    「今のところ俺以外」がかわいい。「この街で俺以外」で言い切ってるのに次の一言で弱気なのがスピッツらしい。
    大サビ?からの疲れきった夕焼けまんまのようなベースソロの流れが絶品。
    2015年発売のBD/DVD「小さな生き物」が大宮公演を収録したため、この曲のライブバージョンがついにソフト化。
    ちなみにご当地ソングとしては、京都限定の「初夏の日」もあり、こちらは音源化されていない。(一応)

  13. 夢追い虫
    これもシングルなのにオリジナルアルバムに入らなかった曲。確かにアルバムに入れちゃうとタイトルトラックが消えかけそうなほどパワーがある。
    もちろんCD音源もいいんだけどライブで化ける曲だと思う。
    なおベスト盤「CYCLE HIT 1997~2005」のボーナストラックとして初期バージョンが音源化されている。

  14. 僕はジェット
    この曲だけデビュー期の録音である。ベースが印象的で弾きたくなるけど俺の指じゃすぐにつりそう(笑)
    「デスクの引き出しの中で 奴は生まれかわる」だって。俺は駄菓子を年単位で置いてけぼりにして生まれ変わらせたことがある。
    若々しい声が印象的。大昔のインディーズバンド特集のビデオがネットに上がっているが、マサムネの歌がぶっちゃけ下手でかわいい。

色色衣

とにかく脂が乗っていたころのスピッツ。Amazonのリンクを貼った。
が、オリジナルアルバムと違ってリマスター版が出ていないので中古でも何の問題もない(花鳥風月・おるたなも同様)
初聴きにも、スピッツ2枚目にも、おすすめ。