月別アーカイブ: 2015年7月

スピッツ「色色衣」

色色衣(いろいろごろも)レビュー

12UMGIM36031.1200x1200-75

なんでB面集からレビューするかというと俺が最初に買ったスピッツだから。
このアルバムは個人的な思い出抜きにも初聴きにおすすめの部類だ。

  • 当時の暗め&ハードなアルバムからもれた曲を寄せ集めたアルバムなので、音が適度に暴れていてなおかつ曲自体は明るい
  • JPOP的スピッツの香りを気持ち程度に残しつつロックバンドスピッツを楽しめる
  • あいのりの主題歌にもなった有名曲「スターゲイザー」
  • タイアップがあったわけでもないのに珍歌詞が一部で有名、マサムネ節が冴え渡る「メモリーズ」
  • ボーナストラックとして、デビューと前後して録音されたパンク路線「僕はジェット」
  • 再発されていないのでリマスター版かどうかを気にせず買える

曲レビュー

  1. スターゲイザー
    シングル「スターゲイザー」より。カップリングの名曲「三日月ロック その3」は次のB面集「おるたな」に収録された。
    「あいのり」に書き下ろした曲である。イントロからして強烈にTV向け(すぎ)だからファンの中では好みが分かれる。
    弾き語りの裏のシンセがいい仕事をしている。それにスピッツに関してはどの曲もだけど崎ちゃんのドラムがいい。
    PVがかっこいい。売り出し中っぽい。

  2. ハイファイ・ローファイ
    盛り上げ上手な曲。コピーしたい。
    歌詞が最高だ。ノスタルジーがあって、自我があって、でもどこかへなちょこ野郎である。
    熱きソウルは蹴っ飛ばすモノで、交尾のための生じゃなく、さあ逃げろ。
    個人的にかなり思い出の曲である。歌いながら、ほとんど叫びながら家に帰った。

  3. 稲穂
    スターゲイザーに続いてアコギをフィーチャーした曲。
    サビがせつなすぎる。2,3,4は泣きの並びだ。


  4. いかにもスピッツらしい曲である。Bメロがないとスピッツっぽい。
    ここまでギターを重ねることに集中した曲は他にない。シューゲイザー的な意味では初期に幾つかあるが。
    ギターがきれいで歌メロも完璧。いつでも眠りにつけそう。そりゃ人気曲になるわー。
    ライブではやはりというか再現に苦労しているようだ。

  5. ムーンライト
    ここから一度ロックに振れる。
    田村がゴースカvol.6にて、「ゴースカvol.13では俺が曲決めるから!」と発言。この曲もやりたいらしい。
    Aメロで〆て、シュールな雰囲気のまま次の曲へ。アウトロの最後の最後でちょっとベースが前に出てくるのがエロい。

  6. メモリーズ
    「放浪カモメはどこまでも」との両A面シングルから。大好きなのでめっちゃ長い。
    Aメロはこもった音質の言い捨てるようなボーカルが印象的。
    間髪入れずに例の「見えそうなとこでハラハラ あなたのために蝶になって」である。歌詞が冴えすぎな曲の一つ。Bメロなんていらない曲の一つ。
    マサムネの歌詞がすごいのは、「蝶になって」で止めても「飛んでいけたなら」まで持って行ってもまったく違和感を抱かせない。
    実際は「飛んでいけたなら」まで書いてから繰り返しを思いついたんだろうけど、言語センスによってどこで切ってもかっこいい。
    意味ありきで詩を書いていないからひとフレーズがこれ以上なく輝いている。意味ありきじゃないのに各々で脳内補完ができる詩だからこそつながる。
    Aメロの半分から入るピアノのせいで変人が更に酔っ払ったような世界観になっている。ここで「ムーンライト」が活きてくる。再アレンジ版「メモリーズ・カスタム」より好き。
    ギターソロはソロというよりちょっと長いキメに近いし死ぬほど単純だけどこの曲でピロピロ弾いたら台無しだもんね。
    奥田民生「マシマロ」と似てるけどこちらのほうが洗練されている。体感時間が違うことからも明らかである。どちらも3分ちょうどの曲なのに。
    「マシマロ」は後半ベンチャーズが入るけどそんなことしてシュールを壊すのは勿体ないと俺は思う。
    メモリーズの話に戻るが、ミックスがものすごくよい。ギターの音も最高だし、1:51秒からのフィルとかも全部いきいきしてる。
    (あんまり言いたかないが逆にスピッツの中ではミックス失敗している「ビギナー」などと比べると音の質が段違いだ。
    こっちは爆音で単曲リピートでも疲れない。あっちは1回で疲れる。しかも「ビギナー」はアルバムの先頭にあるのでアルバム自体のヘビロテ性を下げている。)
    ちなみにイントロのギターはサビ最後とほぼ同じ。ギターのボリュームを絞って上げて再現して遊ぼう。
    それにしてもとんでもない曲だ。歌詞もサウンドも最高峰ときたもんだ。
    アメリカまで行ってレコーディングしたかいがあったってもんですよ(何様)。

  7. 青春生き残りゲーム
    リフでゴリゴリ。音は派手だがアルバム中では影が薄いかも。
    「百億世代続いた糸を切る」。

  8. SUGINAMI MELODY
    一転してバンド感が希薄なカップリングっぽい曲。徹夜して夜明けを見ながらこんがらがった頭の中みたいだ。

  9. 船乗り
    2000年代は男前な雰囲気のスピッツ。その中でもこの曲が一番男前である。船乗りだし。
    容赦なく連れて行く!とかすごい。ちょっと前まで「君の青い車で海へ行こう」だったのに。

  10. 春夏ロケット
    これもかなり頭こんがらがっている。
    「地球 ありふれた 星のクズなら」この「なら」が非常にいい。クズだから、とかクズだ、じゃできない繋ぎ。
    なんか80年台っぽい日本語。つくづくマサムネは詩人である。

  11. 孫悟空
    あまり清涼感のない(笑)だるそうなイントロから始まって、例によってBメロがない。
    「胸に火を灯そう」からの「ああ~狂いそうな時を引きずって」

  12. 大宮サンセット
    もっぱら大宮でのライブで演奏されるご当地ソング。大宮サンセットはそういう建物とか夕日のロケーションではなく造語。
    「今のところ俺以外」がかわいい。「この街で俺以外」で言い切ってるのに次の一言で弱気なのがスピッツらしい。
    大サビ?からの疲れきった夕焼けまんまのようなベースソロの流れが絶品。
    2015年発売のBD/DVD「小さな生き物」が大宮公演を収録したため、この曲のライブバージョンがついにソフト化。
    ちなみにご当地ソングとしては、京都限定の「初夏の日」もあり、こちらは音源化されていない。(一応)

  13. 夢追い虫
    これもシングルなのにオリジナルアルバムに入らなかった曲。確かにアルバムに入れちゃうとタイトルトラックが消えかけそうなほどパワーがある。
    もちろんCD音源もいいんだけどライブで化ける曲だと思う。
    なおベスト盤「CYCLE HIT 1997~2005」のボーナストラックとして初期バージョンが音源化されている。

  14. 僕はジェット
    この曲だけデビュー期の録音である。ベースが印象的で弾きたくなるけど俺の指じゃすぐにつりそう(笑)
    「デスクの引き出しの中で 奴は生まれかわる」だって。俺は駄菓子を年単位で置いてけぼりにして生まれ変わらせたことがある。
    若々しい声が印象的。大昔のインディーズバンド特集のビデオがネットに上がっているが、マサムネの歌がぶっちゃけ下手でかわいい。

色色衣

とにかく脂が乗っていたころのスピッツ。Amazonのリンクを貼った。
が、オリジナルアルバムと違ってリマスター版が出ていないので中古でも何の問題もない(花鳥風月・おるたなも同様)
初聴きにも、スピッツ2枚目にも、おすすめ。

スピッツ曲ソートをやってみた

スピッツ曲ソートというサイトでちまちまとクリックしてランキングを付けた。
すごく…定番曲です…にわかじゃないのに!(笑)名前をつけてやるがめっちゃ浮いている…。
あとこのページの作者spica404さんとはツイッターで4年ほど相互フォローの関係にある、があまり絡めない、シャイなので(笑)
なんとなーくスピッツファンは20代のイメージがあるのはツイッターの影響。でも20代って要するにスピッツバブル世代の子世代だ。おっそろしい。

1 8823
2 不死身のビーナス
3 運命の人
4 三日月ロック その3
5 放浪カモメはどこまでも
6 テイタム・オニール
7 名前をつけてやる
8 晴れの日はプカプカプー
9 エスカルゴ
10 めざめ(空も飛べるはず)

11 ウサギのバイク
12 渚
13 トンガリ’95
14 日なたの窓に憧れて
15 夏の魔物
16 青い車
17 みそか
18 シロクマ
19 たまごの秘密
20 水色の街
21 白い炎
22 ムーンライト
23 死に物狂いのカゲロウを見ていた
24 ロビンソン
25 バニーガール
26 オケラ
27 インディゴ地平線
28 夢追い虫
29 春の歌
30 ミカンズのテーマ
31 ドルフィン・ラヴ
32 空も飛べるはず
33 メモリーズ・カスタム
34 日曜日
35 海ねこ
36 エレクトリックシューズ
37 チェリー
38 さわって・変わって
39 Na・De・Na・Deボーイ
40 スパイダー
41 けもの道
42 猫になりたい
43 八王子
44 ホタル
45 胸に咲いた黄色い花
46 たまご
47 ナイフ
48 俺のすべて
49 UFOの見える丘
50 353号線のうた

51 桃
52 鳥になって
53 君は太陽
54 夕陽が笑う、君も笑う
55 探検隊
56 いろは
57 惑星のかけら
58 孫悟空
59 冷たい頬
60 ハネモノ
61 ラズベリー
62 魚
63 アパート
64 船乗り
65 プール
66 ニノウデの世界
67 ローテク・ロマンティカ
68 海とピンク
69 涙がキラリ☆
70 五千光年の夢
71 ババロア
72 コスモス
73 クモ少年が走る
74 ミーコとギター
75 魔女旅に出る
76 野生のチューリップ
77 スカーレット
78 田舎の生活
79 HOLIDAY
80 波のり
81 恋のうた
82 甘ったれクリーチャー
83 夜を駆ける
84 つぐみ
85 稲穂
86 うめぼし
87 アカネ
88 愛のしるし
89 ヒバリのこころ
90 スピカ
91 ハイファイ・ローファイ
92 裸のままで
93 君が思い出になる前に
94 えにし
95 初恋に捧ぐ
96 海を見に行こう
97 大宮サンセット
98 さすらい
99 ビーマイベイベー
100 春夏ロケット

101 クリスピー
102 俺の赤い星
103 僕はジェット
104 青春生き残りゲーム
105 トンビ飛べなかった
106 ルキンフォー
107 スターゲイザー
108 タイムトラベラー
109 トビウオ
110 旅の途中
111 仲良し
112 旅人
113 SUGINAMI MELODY
114 テレビ
115 タイム・トラベル
116 ハヤテ
117 遥か
118 ハッピー・デイ
119 どんどどん
120 夕焼け
121 ほのほ
122 迷子の兵隊
123 ローランダー、空へ
124 ただ春を待つ
125 花泥棒
126 グラスホッパー
127 サンシャイン
128 ハニーハニー
129 ルナルナ
130 ハチミツ
131 僕の天使マリ
132 マフラーマン
132 タンポポ
134 リコリス
135 会いに行くよ
136 ワンツー!ワンツー!
136 ビギナー
138 死神の岬へ
139 ガーベラ
140 夢じゃない
141 オーバードライブ
142 恋する凡人
143 ベビーフェイス
144 スーパーノヴァ
145 夏が終わる
146 おっぱい
147 歩き出せ、クローバー
148 甘い手
149 12月の雨の日
150 僕のギター
151 テクテク
152 月に帰る
153 不思議
154 ワタリ
155 ジュテーム?
156 シャララ
157 あじさい通り
158 センチメンタル
159 惑星S・E・Xのテーマ
160 幻のドラゴン
161 アナキスト
162 愛のことば
163 マーメイド
164 さらばユニヴァース
165 フェイクファー
166 TRABANT
167 恋は夕暮れ
168 流れ星
169 トゲトゲの木
170 楓
171 あわ
172 新月
173 まもるさん
174 ビー玉
175 ヘチマの花
176 自転車
177 ネズミの進化
178 ハートが帰らない
179 待ち合わせ
180 涙
181 ほうき星
182 シュラフ
183 優しくなりたいな
184 心の底から
185 黒い翼
185 エトランゼ
187 魔法
188 正夢
189 砂漠の花
189 あかりちゃん
191 リコシェ号
192 花の写真
193 P
193 聞かせてよ
195 鈴虫を飼う
196 君だけを
197 魔法のコトバ
198 14番目の月
199 恋のはじまり
200 若葉

201 君と暮らせたら
202 群青
203 点と点
204 ラクガキ王国
205 さよなら大好きな人
206 初恋クレイジー
207 今
208 ウィリー
209 ナナへの気持ち
210 虹を越えて
211 宇宙虫
212 ファズギター
213 謝々!
214 漣
215 Y
216 ありふれた人生
217 多摩川

いやいやいや今とか謝々!とか大好きなんだけどこの順位って。あとファズギターは低位につけておいてなんだけど音質で損してる(笑)
スピッツは捨て曲なしだということがよくわかった。小さな生き物~雪風を追加したランキングだとオパビニアと潮騒ちゃんが上位に来ただろう。

スピッツ「雪風」

発売まで

2015年3月14日 初紹介
2015年4月10日 配信決定
2015年4月15日 各音楽配信サイトにおいて配信開始

補足

「ミスター」こと鈴井貴之氏よりオファーを受けて書き下ろし。ドラマ「不便な便利屋」のEDテーマ。
鈴井氏は14年にスピッツのライブを観て、当時の氏のブログに感想があったのだがそのブログが消えている…。
あ、あった。webarchiveはステキ。

俺もどうでしょう好きなのでミスターが監督やる上にEDがスピッツと聞いたときはびっくりしたよね。

ジャケット写真は名言こそされていないものの「スピッツベルゲン島」と思われる。氷山の頂上にとびでた「ス」がかわいい。

曲について

ドラマに書き下ろしただけあって、全体としては「いわゆるスピッツの曲」だ。アレンジも亀田氏から変わらず、無難といえば無難だ。
しかしながら相変わらずの美メロ・サビに頼らない・凝ったアルペジオなど聴きどころは多い。
「さざなみCD」の僕のギター~桃の流れを一曲にまとめた感じだ。’10年台スピッツもなかなか作風が安定しないが、この最新のサウンドは大好き。

「きれいでしょ?」と言わんばかりの、しかし実際きれいなギターがイントロ。亀田氏は「きれいでしょ?」を押し付けて過剰アレンジにしてしまう(Pのイントロとか)ので、今回くらいの塩梅でこれからもやっててほしい。
イントロの鉄琴?みたいな音も違和感ないし、シンセも絶妙に主張しすぎない。これはいい亀田ですね。

あとはイントロのギターが降ってくる雪~イントロ後半は雪風で、ドラムが雪を踏みしめる音って感じ。

何と言っても終盤のコーラスがよい。終わり方もよい。ゴースカの雪風めっちゃよかったよおおおおおおおおおおおおお

詩について

まず、「涙が乾いてパリパリの 冷たい光受け立ち上がれ」がよい。
「パリパリ(の)」が前後どちらにもかかっているので一つの流れに。さらに雪っぽさ(冬っぽさ)を最後の最後に増す役割もある。

歌詞のストーリーだけど明らかに片方が死んでる。そういう意味でもスピッツソングなのか。
しかし「不便な便利屋」のストーリーを噛ませているという話もある(ドラマ観てないからわからない)。
東京で夢破れて北海道へ~ってドラマみたいなので、「割れた欠片と同じものを 遠い街まで探しに行ったね」はカチッとはまる。
2重構造になってるんだろうか。ドラマから雰囲気を引っ張ってきてあとはマサムネワールドで覆ったらこうなったと。いやドラマ要素は「遠い街」だけっぽい気もするな。

「これでいいかな? ダメって言うかな?」は何だろう。「君」側の視点だよねこれ。

視点

1番が「君」で、2番が「語り手(僕)」と読める。意識すると、はっきり視点が変わっている。

「これでいいかな? ダメって言うかな?」に対して、「君は生きてく 壊れそうでも 愚かな言葉を 誇れるように」か。
そして「雪風の中問いかけてみる」に対して、「こんなふうに触れ合えることもある」。

「君」は「僕」を失ってから巻き戻しの海を泳ぐ、雪風の中問いかける。そしてもう会えない「僕」と触れ合っている。「巻き戻しの海」「現実と離れたとこ」は夢とも三途の川ともつかぬような、青い車の「輪廻の果て」みたいな。
そして夢が覚めて、冷たい光を受け立ち上がれ。

うーん詩的だ。素敵だ。